競争の激しいネット証券はメリットが大きいです

同じものを売るお店が自分のお店以外一軒もなかったら、高い値段でも消費者は買う事になります。
ですからお店は質の向上や値下げと言った努力をしないので、消費者にとっては都合が悪いと言えます。
ですから同じものを売るお店は多ければ多いほど消費者にとっては良いのです。

お店が増える事によって競争原理が働き、サービスの向上や値下げと言った事を企業は取るのです。
ですから私たちはサービスが良くしかも低価格で商品やサービスを手に入れる事が出来るのです。
お店側としてはお店が増えれば増えるほど競争が激しくなって大変ですが、消費者側としてはお店が多い方が都合が良いのです。

お店が増えればサービスの良くないお店や高い価格のお店は淘汰されることになります。
ですから安くてサービスの良いお店だけが生き残るのです。
ネット証券も同様の事が言え、手数料が安くサービスが良い所が生き残るようになっているのです。

しかしそれでもサービスや手数料には差がありますから、より手数料が安くサービスの良いネット証券を選ぶようにすればいいのです。
そうする事によって更に淘汰が進んで、消費者にとって条件の良いネット証券だけが生き残る事になるのです。
ネット証券はただでさえ街中の証券会社よりもサービスや手数料が安い所が多いと言えます。

それでもネット証券が増えれば競争原理が働きますので、消費者が最大のメリットを得られる所が生き残る事になるのです。
ネット証券が増えれば増えるほど消費者に取っては都合が良いのです。